JC's Blog

似非外国人の雑記ブログ              

中高年からはじめる簡単な運動 ⇦『アンダーワークがポイント』。

      

 

 

こんにちは、J.C.です。

 

   f:id:jctaro:20191009152725j:plain

 

私は50代ですが10代の頃からわりとハードなトレーニングをしてます。

 

今回はそういう人を対象ではなく、40代、50代、60代で運動をはじめようと思ってる人向けのメニューをご紹介していきます。

 

今回は筋トレ系になります。

 

まず一番最初にお伝えしておくことは、無理をしてもいいことはないということ。(笑)

 

アンダーワークがポイントです。

 

アンダーワークとは簡単に言えば、自分の100%の力のうちの60%~70%ほどでトレーニングをすることだと思ってください。

 

それでははじめましょう。

 

 

 

 

腕立て伏せ

 

 

                         f:id:jctaro:20191009131535p:plain

 

 

 

まず大事なことは自分の100%はどれくらいなのかを知ることです。

 

腕立て伏せをやってみてください。10回(100%)できる人は6~7回やれば十分ということです。

 

これが「アンダーワーク」のトレーニングです。

 

腕立て伏せが5回以下(100%)の場合には回数が極端に少なくなるので、膝をついてかまわないので5回以上を目指してください。

 

たったこれだけ!? 

 

そう思いましたよね?(笑)

 

たったこれだけです。少し物足りないと感じるのがアンダーワークです。

 

週3回でOKです。(月・水・金 or 火・木・土)

 

 

そこからスタートして、自分の筋力&体力の増加を感じながらトレーニングも増やしていってください。

 

 

スクワット

 

 

 

         f:id:jctaro:20191009134800p:plain

 

 

 

こちらのスクワットも腕立て伏せ同様にまずは何回(100%)できるかチェックしてください。

 

そして自分のアンダーワーク(60%~70%)でトレーニングをしてください。

 

あまり回数ができない人は深くしゃがまないで大丈夫です。浅く、無理なくしゃがめるところまででOKです。

 

壁に手をついたり、イスやテーブルにつかまってやるのもOKです。

 

このトレーニングも腕立て伏せ同様に週3回頑張りましょう。

 

順番はどちらが先でもOKです。ただ間にインターバル(休憩)を1分入れてください。

 

 

なぜアンダーワークが大事か

 

人類と共に運動の仕方もずいぶん進化しました。

 

私の若いころは根性、根性でやらされていました。(笑)

 

サッカー部でしたが、夏場でも水を飲むのは厳禁でした。 ((((;゚Д゚)))))))

 

それが今や試合中でもスポーツドリンクを飲むのは当たり前。

 

ほんの少しの間にこれだけ常識が変わりました。

 

今や体のことを考えて、いたわって、体にむりさせないのは当たり前。

 

日本もようやく世界のレベルに追いついてきました。その結果いろいろな選手が色々なフィールドで活躍しています。

 

科学的に色々なことがわかり、バカみたいにきついトレーニングをやりこまなくても人間の体は成長することがわかってきました。

 

アンダーワークを心がけていれば、体に疲れがたまることを減らせます。

 

体に疲れがたまっていなければ、不都合がおきたり、ケガをする確率も断然減ります。

 

 

さいごのまとめ

 

腕立て伏せは上半身のトレーニングの王様です。

 

胸、腕、肩、背中、腹筋などがこの動作で鍛えられます。

 

スクワットは下半身のトレーニングの王様です。

 

腿の前、桃の裏、ふくらはぎ、お尻、腰などがこの動作で鍛えられます。

 

上記のトレーニングを週3回、2ヶ月ほど続けると、もう少しできるかな?なんて風になります。

 

そうしたらセットを増やしても大丈夫です。腕立て伏せを2セット、スクワットを2セットにしてトレーニングを楽しんでください。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それでは又....