JC's Blog

料理・子育て・英語・お役立ち情報

冷ごはんで作る絶品リゾットの秘技!【料理オンチでも楽勝】。

 

こんにちはJ.C.です。

 

今回はあまった冷ごはんを使ってリゾットを作ります。

 

リゾットといえば普通はお米から作り、アルデンテ(かすかに芯がある状態)に仕上げるのがイタリアでは普通。

 

日本では完全に火の通ったお粥や雑炊が好まれるので、冷ごはんリゾットの方が本場のアルデンテ・リゾットより合うかもしれないと個人的には思います。

 

最初に動画を見てから下の手順を読んでみてください。

 

その方が作業がすんなり進むと思います。

 

とは言っても作り方は超簡単なので普段料理をしない人でも楽勝です。

 


簡単にできる本格リゾット。

 

 

使う材料 (一人前)

 

オリーブ油: 適量

 

ニンニク(みじん切り): 適量

玉ねぎ(みじん切り): 適量

ベーコン(角切り): 適量

 

エリンギ : 適量

しめじ: 適量

舞茸: 適量

 

白ワイン: 適量

牛乳: 適量

顆粒コンソメ: 適量

 

冷ごはん: 適量

 

粉チーズ: 適量

パセリ(みじん切り): 適量

塩・こしょう: 適量

 

 

作り方

 

  • フライパンにオリーブ油を引きニンニクを炒めます。
  • ニンニクが香ってきたら玉ねぎを入れて炒める。
  • 玉ねぎが軽く透き通ってきたらベーコンを投入。
  • ベーコンが香って軽く炒まってきたらキノコ類を投入。
  • キノコが軽く炒まったら白ワインをふり入れる。
  • ワインのアルコール分を飛ばして牛乳を入れる。
  • 牛乳が沸いてきたらコンソメで下味をつける。
  • 冷ごはんを投入して混ぜながら煮詰めていく。
  • 味を見て塩分が足りなければ塩で味をととのえる。
  • 最後にバターを入れてコクを出す。
  • 皿に盛って軽くオリーブ油を回しかける。
  • 粉チーズ、パセリ、Bペッパーをふって出来上がり。

 

 

                      f:id:jctaro:20191103111541j:plain

 

 

 

最後のまとめ

 

どうですか? かなり簡単ですよね?

 

使う材料やその他の調味料の分量は動画を見てなんとなく参考にしていただけるとわかりやすいと思います。

 

何グラムとか何ミリとかって書いてしまうと、わりときっちり、その通りやろうとする人が多いので「適量」と書いてあります。

 

自分の好みの塩加減さえできていれば、その他の分量はそんなにきっちりしていなくても問題ないです。

 

仕上がりも自分の好みで水分量(牛乳)を加減してください。

 

私はわりと水分多めに仕上げるのが好きです。

 

すごく多めでスープごはんっぽく仕上げても美味しいと思います。

 

少しかために仕上げてグラタン皿に入れてとろけるチーズをのせてトースターで焼けばドリアの出来上がり。

 

超簡単なレシピなので間違えようがないと思いますが、気をつけて欲しいポイントは最初のところでニンニクを焦がさないように炒めるということだけです。

 

とっても美味しいので是非作ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。