JC's Blog

料理・子育て・英語・お役立ち情報

50代で無職になったときの人生の切り抜け方のコツを伝授。

 

こんにちはJ.C.です。

 

50歳を過ぎると色々なことが起きます。

 

29歳 ⇨ 30歳になったとき、39歳 ⇨ 40歳になったときと比べると、49歳 ⇨ 50歳になったときは明らかに違うと感じる人は多いのではないでしょうか?

 

健康面での衰え、知力の衰え、親の介護などの深刻な問題、仕事の問題、etc.

 

色々な問題の中で今回は仕事に焦点をあててお話したいと思います。

 

ストレスで体を壊したり、病気、親の介護のため、リストラ、会社の倒産、こういった理由で50代で無職になったときは誰でも絶望的な気持ちになりがちです。

 

人生の後半戦を頑張るためにはどうしたら良いのか?

 

そのへんのことを深掘りしてみましょう。

 

 

 

 

           f:id:jctaro:20191218150536j:plain

 

 

再就職への道

 

大抵の人はハローワークへ行くのではないでしょうか?

 

雇用保険がもらえる人はまだラッキーですが、もらえない人もたくさんいると思います。

 

どちらにしても、ハローワークを利用してみて最初に感じるのは、「使えねぇ!」じゃないでしょうか?

 

ハッキリ言って形だけのお役所仕事さくれつしてますね!

 

正直、ハローワークで仕事を探すのは難しいと思います。

 

特に、前職と同じ給料を目標に探す場合、100%無理だと思います。

 

これが50代で仕事を探すときの現実です。まず、このことを肝に銘じておいた方が良いと思います。

 

 

 

           f:id:jctaro:20191218150915j:plain


 

50代で仕事をみつけるためには

 

大企業で働いていて、肩たたきにあったり、会社が倒産したり、早期退職をした場合、まぁそれなりの退職金も出るし、それまでにも貯蓄はできてると思います。

 

こういう方達はまだ多少の余裕があるので、ゆっくり再就職をすることができると思います。

 

しかし、こんな人は少数派です。ほとんどの人が露頭に迷って、どうしたら良いかわからない状態での仕事探しだと思います。

 

私の経験上からの提案をすると、とりあえず前職ほどの給料は諦めて、中高年を雇ってくれる非正規雇用でもアルバイトでもいいのでやることです。

 

こんな安い賃金で働くの? こんな仕事をやるの? 色んな不平不満があふれ出てきますが、そこをぐっと我慢して、プライドを捨てるプライドをもちましょう。

 

そしてなんとか最低限の生活費を確保しながら、何かスキルを磨きましょう。

 

 

 

           f:id:jctaro:20191218151110j:plain

 

 

どんなことを目指せばいいか?

 

自分に何かスキルがあるかどうかを確認してください。

 

得意なこと、好きなこと、詳しいことは何かないですか?

 

例えば趣味で長年釣りをしているとか。

 

釣りに関する知識があるのであれば、釣具屋さんで働くのも手です。

 

長年やっていて知識もあれば、それなりにいい給料を出してくれる会社もあると思います。

 

このように何か得意なことがあれば、それに関連した会社へ再就職の応募をするのが一番確かな方法です。

 

得意なことがあればかなり積極的に自分を売り込めるし、駄目もとで徹底的に応募しまくればいいと思います。

 

ものすごいレベルじゃなくてもいいので、何かないか考えてみてください。

 

 

 

          f:id:jctaro:20191218151254j:plain


 

得意なことがない場合

 

趣味もなく、これといって得意なことがない場合は、何かスキルを身につけましょう。

 

なかなか年齢的に再就職は厳しいので、何かフリーランスでできる仕事がいいと思います。

 

時代にあったこと、時流にのってること、これから先もできること、中高年でも体力的にOKなこと、資金がなるべくかからないこと、etc.

 

私個人の経験から言えば、プログラミング、webデザイン、webマーケティング、ライティング、etc.  などのスキルを身につけるのがいいと思います。

 

今もそうですが、これからの時代の産業は IT を絡めないことはほぼないと思います。

 

上記のようなスキルを身につけておけば、食いっぱぐれはないと思うし、何かしらの稼げるチャンスも出てくると思います。

 

スクールへ入って勉強するのも手ですが、多く人の場合そんな余裕もないでしょうし、今の時代は独学で学ぶことはいくらでもできます、それも無料で。

 

パソコンとネット環境さえあれば、あとは多額な資金も必要とせずに、ビジネスを学ぶことのできる時代です。

 

ライティングを学ぶには私のようにブログを書いてみるのもいい勉強方法です。

 

 

 

 

          f:id:jctaro:20191218151447j:plain

 

最後のまとめ

 

なんかしらの不運で50代で仕事をなくした場合、かなり落ち込んで、絶望的なことを考えてしまいますが、もう少し楽観的にいきましょう。

 

そもそも人生なんてそんなものでしょう?

 

次から次へと問題が発生します。

 

どっちにしろ日本という国はもう先進国ではないし、衰退していく一方だと思います。

 

普通に仕事をしていても不安だらけの人生をおくるのは目に見えています。

 

話を戻すと、とにかく悲観的にならずに、もし得意なこと、好きなこと、何か趣味があれば、それらのスキルを再就職につなげてください。

 

もしない場合は、時流をみて、上記に述べたような、資金をかけずにできることを学びましょう。

 

フリーランスで稼げる形を作れば、年をもっと重ねても仕事をしていられます。

 

そしてフリーランスへつなげるためには、まずプライドを捨てて、安い賃金でも最低限の生活費を確保するアルバイトをしましょう。

 

そして、アルバイトと並行しながら自分の学びたいことを決めて、スキルを身につけ、そのスキルで少しづつフリーランスの仕事をとっていきましょう。

 

少しでもスキルが身につけば、ランサーズやクラウドワークスというアウトソーシングの会社から仕事を受けれます。

 

興味のある方はこの2社をGoogleで検索してみてください。

 

簡単な仕事もたくさんあります。

 

フリーランスは最初は大変ですが、あるていど形ができて、仕組みが作れればそのあとはマイペースで仕事ができるはずです。

 

ハローワークなどを頼っての再就職はまず無理だし、安い賃金の非正規雇用で働いていても明るい将来はありません。

 

まずは何かスキルを身につける決断をして、学んで、フリーランスでできることを始めましょう。

 

その方がはるかに将来に希望がもてる確率は高いです。

 

今回はこれくらいにしておきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おわり。