JC's Blog

料理・子育て・英語・お役立ち情報

筋肉の種類を知れば自分の体に適したトレーニングができます。

                                

 

こんにちは、J.C.です。

 

皆さんはどんな運動が得意、不得意ですか?

 

 

           f:id:jctaro:20191020164837p:plain

 

 

小さいときになんとなく気づきますよねだいたいの人は。

 

100メートルのスプリントは得意だけど、長距離のマラソンは苦手、嫌い、みたいな。

 

せっかくトレーニングをするなら得意なことを伸ばした方が楽しいです。

 

それにはまず自分の体質、タイプを簡単にわかってた方がいいです。

 

今回は筋肉の種類についてお話させていただきます。

 

白筋、赤筋、中間筋と3つのタイプの筋肉があります。

 

自分の優れてる筋肉を知ると、得意なスポーツ、運動、トレーニング法がわかりやすいです。

 

そのへんのことをわかりやすく、超簡単に説明します。

 

 

 

 

 

 

          f:id:jctaro:20191020165413p:plain


 

白筋について

 

白筋は収縮速度が速いことから速筋とも呼ばれています。

 

収縮速度が速いと素早く大きな力を発揮することができるので、瞬発的な運動をするときに活躍します。

 

陸上(短距離)、水泳(短距離)、重量挙げ、砲丸投げ、走り高跳び、etc. などのスポーツで発揮される筋肉です。

 

 

 

 

           f:id:jctaro:20191020165736j:plain

 

 

赤筋について

 

赤筋は収縮速度が遅いことから遅筋とも呼ばれています。

 

収縮速度が遅いと長い間収縮し続けることができるので、長時間の持続的な運動に適しています。

 

マラソン、ロードレース、陸上(長距離)、遠泳、登山、競歩、エアロビクス、etc. などに向いている筋肉です。

 

 

 

 

 

           f:id:jctaro:20191020170128p:plain


 

 

中間筋について

 

中間筋は文字通り速筋と遅筋の中間の性質を持つ筋繊維です。

 

スピードやパワーを持ちつつ、持久的な運動にも向いてるという超かっこいい筋肉です。

 

クロスカントリー、トライアスロン、ヒルクライム、陸上(中距離)、etc. などに向いてる筋肉です。

 

 

 

 

 

          f:id:jctaro:20191020170445p:plain

 

 

生まれながらに決まっている

 

筋肉の割合は生まれながらにほぼ決まってるらしいです。

 

と言うことは、スポーツにおいては生まれながらに向き不向きがあると言うこと。

 

小さいときに感じる得意って感覚と、これは苦手、嫌い、って感覚は間違いなく合ってるってことです。

 

かけっこが速い子は白筋の割合が多く、優れてるってことです。

 

大人になってからも、その優れてる部分を鍛えた方が成果が出やすいですし、得意なのでトレーニングしていても単純に楽しいはずです。

 

小さいときから長い距離を走ったり、泳いだりが苦でない人は、赤筋を使うトレーニングを心がけた方が楽しいはずです。

 

中間筋が多い人はきっと運動全般に得意なことが多いと思います。非常に羨ましいタイプなので、色々なスポーツ、トレーニングを楽しむといいと思います。

 

 

 

 

         f:id:jctaro:20191020171139p:plain

 

 

色々なタイプ別で見てみると

 

『マラソン選手』 白筋2:赤筋8

『陸上長距離選手』白筋3:赤筋7

『陸上中距離選手』白筋6:赤筋4

『陸上短距離選手』白筋7:赤筋3

 

 

『平均的アジア人』白筋3:赤筋7

『平均的白人』 白筋5:赤筋5

『平均的黒人』 白筋7:赤筋3

 これが一般的に言われてる割合だそうです。

 

 

最後のまとめ

 

せっかく運動、トレーニング、スポーツをするなら、得意なことをやりましょう。

 

得意、不得意、向き、不向きは実は小さいときから自分で気づいてるはず。

 

オリンピックの100メートル・スプリントを見てるとわかりやすいですね。

 

歴代の金メダリストを見てください。

 

生まれながらに白筋の割合が多い人が金メダルをとっています。

 

赤筋の割合が多くて、マラソンが得意な人がどんなにスプリントの練習をしても、スプリントでは勝てないと言うことです。

 

これをふまえて、得意で楽しい運動、スポーツ、トレーニングをしましょう。

 

そうすれば楽しみながら継続できます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おわり。