JC's Blog

Be yourself no matter what they say.                

自由に生きるための強さを手に入れる簡単な方法。

                                                               

 

 

こんにちは、J.C.です。

      

             f:id:jctaro:20190905015708j:plain

 

 

大昔から思っていることがありまして。自分自身に支配されてる人が多くない?

 

自分を徹底的にいじめる...   自分を奴隷のように扱う...

 

何故だろう?

 

「もう少し自分を大切にしても良いのでは...」

 

一度しかない人生を自由に生きるためには

 

結論から言うと自分が自分の主人でないとダメです。

自分の奴隷になってしまっては自由は手に入りません。

 

Keyword → 「強さ」です。

 

 

自由を手に入れるためには良い人やめないとです。誰とでも仲良く、誰からも良く思われるなんて無理だから。

 

どうすればいいって? 自分でいるってことが大事です。

 

自分でいるためには「強さ」が必要です。

 

勘違いして欲しくないのは、威圧的で、暴力的に生きろと言ってるわけではないですよ。

 

自分が価値のある存在だって認めてあげればいいだけ。他人とばかり比べるのはやめましょう。

 

自分を過小評価することもやめた方がいいです。

 

自分ってさ、自分が思ってるよりすごいし、強いよ。

 

    

                f:id:jctaro:20190905020500j:plain

 

 

 

 自分を強くするためにできるたった1つのことは ⇨「行動」

 

人間って聞いたことは忘れちゃうでしょう? でも見たもの、見たことはわりと覚えてるじゃない。

 

でも一番はやってみること。やってみると間違いなく理解するし覚える。

 

覚える過程で何度も失敗します。間違いなく失敗します。

 

そしてその失敗が自分を強くしてくれます。

 

その失敗が新たな自分の発見につながります。

 

泳ぎ方を覚えるまではプールへ行ったらダメだよ〜なんて子どもが言われたら?

 

そんなアホなことないでしょう?

 

一生泳げるようにならんわ。

 

 

 行動するのは勇気がいる

 

行動をしないと何も学べない。何も学べないと成長できないので結果強くはなれないです。

 

僕は子どものころ臆病でした。

 

結構いじめられていたな〜小学校低学年のころは。言い返したりする「勇気」がまったくなかった。

 

いつも超ビビってた。

 

今でも覚えてる、小学校3年生のある日、いつもいじめられてたヤツに押されてカベにぶつかったんだよね。

 

なんだかめっちゃ頭にきて、そいつのムネをおもいっきりパンチしたんですよ。

 

そいつめちゃくちゃビックリした顔してた。かなり痛かったみたいで、泣きそうだったよ。(笑) 

 

それ以来ぼくにからむことはもうなくなりました。

 

あの日ぼくはなぜスーパーサイヤ人になれたのか? 自分でもわからない。

 

「勇気」ってきっとみんなに備わってるものなんだよね。

 

でも俺って勇気あるな〜って実感したことないもんね?

 

なんだか便秘のときに、「う〜〜ん」ってふんばって出す感じ!?(笑)

 

無理やり出すわけ、「勇気」を。 一度それをやってみると、間違いなく何かがかわるから。

 

自分を信頼するときとか、批判の中に飛びこむときとか、自分でした選択の結果を受け入れるときとか、「う〜〜ん」「うりゃ〜〜」って出すんだよ「勇気」を...

 

弱気になったらこのことを思いだしてください。

 

 

自由とは

 

自分を信じて、自分の決めた人生を送ること、それが「自由」。

 

もしそれを邪魔する他人がいたとしたら、「勇気」を出して、毅然とした態度でそれを断ち切ればいいと思う。

 

こう言うことの積み重ね、繰り返しが自分の人生に自由を運んできてくれて、幸せな人生を送れるようになる。

 

 今回のまとめ

 

  • 強さが必要。
  • 強くなるためには行動。
  • 行動するためには勇気を絞り出す。

 

 自分に正直に。

 

自分に操られ、自分の奴隷になってはダメ。

 

自分自身の主人になりましょう。

 

これができないと、どんなにお金があっても、どんなに名声を手に入れても、どんなにすごい仕事をしていても、etc.「自由」は決して手に入りません。

 

逆を返せば、これさえできれば、どこで何をやっていても「自由」は手に入ります。

 

 

 

自分で思っているよりはるかに人生は短いから、自由に生きてください。

 

 

   f:id:jctaro:20190830122445j:plain


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわり。