JC's Blog

似非外国人の雑記ブログ              

【時短料理】5分で作るれて失敗しない絶品パスタのご紹介。

                                 

 

どもども、J.C.です。(イタリア料理のシェフです)

 

お腹が空いたので冷蔵庫にあるもので適当なパスタを作りますよ。あまりこリすぎずに美味しく仕上げたいと思います。

 

今では男の人がささっと料理をするライフスタイルがそこそこ確率されてるので、たくさんの料理好き男子がこの記事を読んでくれると嬉しいです。

 

 今回使うものはウィンナー、玉ねぎ、エリンギ、トマト、パスタ。

 

これだけ!!

 

これにオリーブ油、塩、コショウってとこですね。たまたま家の冷蔵庫のあまりものがこんな感じの材料ですが、まったく同じじゃなくてもぜんぜんOKですよ。

   

 パスタを茹でる

 

まずはパスタを一人前ゆでられる鍋に水をたっぷり入れて火にかけます。安い塩があれば多めにどばっと入れてください。

 

一般的にみずの量に対して1%の塩ですがそんなにきっちり計らなくても、多めにひとつまみ入れれば大丈夫です。

 

もし安い塩がなければ入れなくてもまったく問題ないので。(良い塩はもったいないからやめておいてね)

  

 

                      f:id:jctaro:20190905021350j:plain

 

 材料を炒める

 

パスタ用の湯をわかしてる間にウィンナー、玉ねぎ、エリンギを炒めます。

 

今回これだけしかなかったのでこんな感じですが、もっと色々入れたい人はもっと入れてください。

 

ティースプーン2~3杯のオリーブオイルで炒めます。このときプロっぽく順番は考えなくても、全部いっしょに入れてしまってだいじょうぶですよ。

 

 

                        f:id:jctaro:20191016181755j:plain

                       

 トマトとからめる

 

ほどよく炒まったらそこへトマトを投入します。今回小さめのが一個あまっていたので角切りにして使いました。

 

何に使ったのか忘れたけどバジルの葉があったのでいれてみました。なくても問題ないですよ。

 

 トマトが入ったとたんにものすごく美味しそうになるよね〜😋   やっぱ彩は大事です。

少し炒めたらパスタの茹で汁を大さじ2~3杯いれフライパンの火をとめて、パスタが茹であがるのを待ちましょう。

 

 

 

                             f:id:jctaro:20191016181953j:plain

 

 茹であがったパスタとからめる

 

パスタが茹であがったらザルにあけ、フライパンに投入してください。

(茹で時間はアルデンテにこだわらないで標準でいいですよ)

 

                    

 火は中火ほどで、塩とコショウでささっと味をととのえてください。

 

 

 

出来上がり

 

                     

                                        f:id:jctaro:20190905152820j:plain

 

いい感じにできましたね。美味しそう ^ - ^

好みで粉チーズやEVオリーブオイルをまわしかけると超激うまになりますよ。

 

 

 簡単なおさらい

 

・もし安い塩があればパスタを茹でるときには使いましょう。(だいたい水量の1%)

・材料は今回と同じじゃなくてもOK。(臨機応変に)

・パスタの茹で時間はラベルに書いてある標準時間でだいじょうぶ。

 

このパスタは作業開始から10分もかからないでできるので、違う余りものでも挑戦してみてください。

 

ポイントはトマトが入ると、他の材料が変わっても、それなりに美味しい、見ため美しいできあがりになります。👍

 

 

 

 暇な人はもうひと工夫して本格的に

 

誰にでも暇なときってあるからね〜(笑) もう少し手をくわえてみましょう。

 

料理って足し算だから手をくわえればどんどん美味しくなるんですよ。でもめんどくさいからあまりやりたくはないでしょう?(笑)

 

だから僕も気がむいたときにしかやりません!(笑) たま〜に暇なときの過ごし方としては楽しいですよ。(^ ^)

 

1. まずポイントとしてはパスタを茹でるときには必ず塩を入れてください。パスタ自体の麺の味がぼやけないで、ハッキリします。

 

2. 最初にオリーブオイルでニンニクひとかけ分のみじん切りが軽く色づき、香りが出るまで炒めてください。

 

そしたら玉ねぎ、エリンギ、ウィンナーをいれて炒めます。(ニンニクは焦がさないように弱火が良いよ)

  

 

3. トマトは湯むきをして種を取りのぞいてから角切りにする。これで格段にトマトがなめらかになるので、仕上がったパスタの食感が very good になります。

 

湯むきは沸騰したお湯にトマトを5秒ほどつけて氷水に取りだせば簡単に皮がむけるよ。それを横半分に切ってスプーンで種をとりのぞきます。

 

4. 最後にパスタを絡めるときに無塩バターをひとかけ入れて仕上げてください。

 

味に深みが増して格段に美味しくなります。そして手でちぎったバジルを2~3枚くわえると香りも引き立ちます。(パスタは標準より30~40秒短く茹でて)

 

5. そしてお皿に盛りつけたらエキストラバージンのオリーブ油をまわしかけて、粉チーズをふります。

チーズはブロックで買ってきたパルミジャーノ・レッジャーノを手ですりおろしてね。バジルの葉で飾って完成です。

 

 これだけで、最初に紹介した十分に美味しいパスタがレストランの味にトランスフォームします👍  

 

お休みですごく時間があまってるとか、恋人に作ってあげたいと思ってる料理好きな人はぜひチャレンジしてください。

 

それでは、幸運を祈る!(笑)  bye bye