JC's Blog

料理・子育て・英語・お役立ち情報

日本生まれのハーフは英語が話せるの?【ハーフが解説いたします】

        

 

 

こんにちは、J.C.です。

 

今回は日本で生まれたハーフの人たちが全員英語が話せるかどうかについて掘り下げてお話したいと思います。

 

 

                f:id:jctaro:20190918132955j:plain

 

 

答えを先に言っておきます。

 

「日本で生まれたハーフの人たち全員が英語を話せる訳ではありません。」

 

 

 

 

耳にする言葉

 

自分の父親または母親が外国の人だからと言って、それだけで英語が話せるようにはなりません。

 

日本で生まれた場合、まずほとんどの場合最初に耳にする言葉は「日本語」でしょう。

 

それはまわりにいる人たちが圧倒的に日本人が多いからです。

 

なので最初に覚える言語は日本語です。両親が日本人の子どもとなんら変わりありません。

 

 

           f:id:jctaro:20190918170130p:plain

 

環境がすべて

 

私自身の体験を少し交えて説明しますね。

 

私も父親が外国人ですが、最初に覚えたのは日本語です。

 

インターナショナルな幼稚園に通い出してからが英語との出会いです。幼稚園は先生も全員外国の方でした。

 

通ってる子どもたちはほぼ全員日本で暮らす、両親が外国人の子どもでした。数名私みたいなハーフの子もいた記憶があります。

 

 

 

              f:id:jctaro:20190918171553j:plain

 

 

慣れってすごい

 

先生も子どもたちも外国の人ばかり。会話は英語でした。

 

もちろんさっぱりわかりません。(笑)

 

最初は何を言われてるのかまったく理解できなかったことも、数ヶ月で段々わかるようになります。

 

1年も通った時点ではほぼほぼ英語は完璧に理解できたし、話せました。

 

これが英語を話せるハーフの1つの例です。英語を使う環境で教育を受けたことによって英語が話せるようになったのです。

 

 

         

                             f:id:jctaro:20190918180011p:plain

 

 

話せないハーフ

 

もう説明するほどのことではないでしょうけど、上記の逆をイメージしてもらえばわかりやすいと思います。

 

英語を使わない、またはあまり使わない環境で育てばとうぜん英語は話せるようになりません。

 

 

 

            f:id:jctaro:20190918181035j:plain

 

 

そもそも関係ない

 

実はお父さんが外国人またはお母さんが外国人 =「英語が話せる」って方程式にはならないことを理解できたと思います。

 

ハーフとして生まれてきても、日本で生まれれば、なんら両親が日本人の子と変わらないってことです。

 

両親が日本人の子も環境によって英語が話せるようになります。

 

ハーフでも全く同じ理屈です。

 

 

 

                                 f:id:jctaro:20190918182920j:plain

 

さいごに

 

日本は「ハーフ」の注目度が高いですね。そもそもヨーロッパやアメリカなど外国ではまったく注目されません。

 

どこの国とどこの国の混血なんてことは誰も気にしないし、あまり興味ももちません。

 

両親が日本人だけどアメリカで生まれて、アメリカで生活をしてる子は、とうぜん日本語が話せる子は少ないです。

 

なので「なに人」とか「どこの国籍」ってのはあまり関係ないです。

 

その人の育った環境がすべてです。

 

そう思うと日本で暮らしてるハーフの人たちにたいして、今までとは見方が少し変わってきませんか?

 

外見だけで判断しない、人との関わり方ができそうですよね。

 

英語に興味のある方はよかったら合わせてお読みください。


 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おわり。