JC's Blog

料理・子育て・英語・お役立ち情報

独学でも楽しく学べる【ファーストフード店での初心者英語】

                  

 

 

こんにちはJ.C.です。

 

アメリカへ旅行したときに英語を学べる場所としてファーストフード店はうってつけの場所です。

 

日本との違いなどを意識するだけでも楽しいです。

 

今回は旅行へ行ったつもりで口ずさんで、是非練習して見てください。

 

それでははじめましょう。

 

 

 

 

           f:id:jctaro:20200119195207p:plain

 

 

ご注文をお伺いします

 

What can I get for you? 

 

色々な言い方がありますが、かなりポピュラーな言い方なので、これを覚えておけば問題ないと思います。

 

 

あなたの言ったことが聞きとれない場合は、Excuse me? とかえされます。

 

覚えておくといいですね。

 

逆に自分が聞きとれないときにも使えます。Excuse me ⤴️と言葉尻を上げてください。

 

 

単品という言葉がない

 

アメリカでは「単品」という言葉がありません。

 

単品ですか?セットにしますか?は

Just the 〇〇?or with the combo? と聞かれます。

 

セット ⇨ Combo といいます。

 

 

サイズを聞かれるとき

 

フライド・ポテトなどのサイズを聞かれるときには、単純に What size? と聞かれます。

 

ちなみにフライド・ポテトはアメリカでは French fries です。簡単に Fries というときもあります。

 

 

店内または持ち帰り

 

ここで食べますか?持ち帰りですか?は For here or to go? です。

 

日本でよく聞く「テイクアウト」Take out という言葉はまず聞きません。

 

 

単品注文の場合

 

お飲み物はいかがですか?と聞かれます。

 

簡単に Any drinks? です。

 

いらなかれば No, thanks で大丈夫です。

 

何か頼むときは 〇〇pleaseI'll have 〇〇でオーケーです。

 

 

確認の手順

 

注文の確認の仕方が若干日本とは違います。

 

日本では、「注文の確認をいたします」と言って頼んだ商品を一つづ言います。

 

アメリカでは、ご注文は以上でいいですか? Is that all? Anything else? と聞かれます。

 

もしなければ、That's all 又は That's it と答えてください。

 

すると、Okay you've got ..... と注文した商品を言われます。

 

 

お会計

 

お会計で使われる言い方はまちまちです。

 

  • Your total is ....
  • The total is ....
  • It'll be ....
  • That'll be ....
  • It's going to be ....

 

などがよく使われます。

 

「ちょうどいただきます」という言葉が英語にはないので、会計を現金でぴったりだしたときはスタッフが声にだして数えることが多いです。

 

はい、レシートです。 Here's your receipt.

 

 

座って待つ

 

頼んだものが全部揃ってない場合。テーブルまでお持ちします、We'll bring your food to your table.

 

アメリカでは番号札を渡されて、呼ばれる場合が多いです。

This is your order number. We'll call your number when your order is ready.

 

 

料理ができたとき

 

料理を持ってきてくれた場合、「お待たせいたしました」とはアメリカでは言われません。

 

はい、どうぞ、Here you are 又は Here you go です。

 

そして「ごゆっくりどうぞ」という表現も英語にはありません。

 

だいたいのスタッフは一言 Enjoy という言葉を使います。

 

 

最後のまとめ

 

言い方はどの国でも無数にありますが、今回ご紹介したものはアメリカではかなり多く使われてると思います。

 

このパターンを覚えておけば、ちょっとした違いにも対応できるはずです。

 

わからないほど大幅に変わることはないと思います。

 

日本でも外国のスタッフの方が多くなってきてるので、こちらから英語で話す時代も近いかもしれません。

 

お風呂に浸かってる時などに、ひとり言で、スタッフとお客さんの二役を演じて、双方のセリフを口にだして練習すると、とても良いアウトプットになります。

 

おすすめです。

 

今回はこれくらいにしておきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

おわり。