JC's Blog

似非外国人の雑記ブログ              

アメリカのカフェで朝食!【使う英語のシミュレーション】。

         

 

 

こんにちは、J.C.です。

 

アメリカへ旅行したときに役立つ英語のお話をしたいと思います。

 

今回は朝食をカフェで食べるときのパターンを簡単に説明していきたいと思います。

 

アメリカは基本的に接客がすごくカジュアルなので、パターンを覚えてしまえば、他のお店でもだいたい同じなので楽です。

 

それでは始めましょう。

 

 

 

 

          f:id:jctaro:20200113160438j:plain

 

 

まずは入り口で

 

カフェの入り口でスタッフに For 〇〇?と聞かれます。

 

もしお二人なら、For two?  お二人様ですか?と聞かれます。

 

A table for two? と聞かれるときもありますが、 A table はほとんど省略されます。

 

Yes, please と答えてください。

 

その後にテラス席のあるカフェなら、Inside or outside? 室内がいいか、テラスがいいかを聞かれます。

 

室内なら ⇨ Inside, please.  テラスなら ⇨ Outside, please. と答えてください。

 

席が空いてれば案内されます。満席なら待ち時間を案内されます。

 

もし5分ほどで空きそうなら ⇨ It should be probably about 5minutes or less.

 

 

             f:id:jctaro:20200113160704j:plain

 

 

席に案内されます

 

席までエスコートしてくれて、Here you go こちらの席ですと言われます。

 

しばらくするとスタッフが You all decided? Or maybe one more minute? と聞かれます。(お決まりになりましたか?もう少し待ちますか?)

 

もし決まっていれば No, we're ready と答えてください。

 

まだ決まっていなければ A minute please と言えばオーケーです。

 

You all decided? だけで聞かれる場合もあります。

 

そのときは決まっていれば Yes, we're readyと答えて、まだならNot yet 又は A minute please でも大丈夫です。

 

 

          f:id:jctaro:20200113161310j:plain

 

 

注文をするとき

 

だいたいは日本と同じようにセットメニューがメインになっています。

 

例えば 〇〇Breakfast (with two eggs any style and bacon or sausage)

 

〇〇ブレックファスト(卵2つお好きな調理法とベーコン又はソーセージ付)。

 

このセットを頼むときは I'll have 〇〇Breakfast with scrambled eggs and bacon.

 

〇〇ブレックファストをスクランブルエッグとベーコンでお願いします。

 

I'll have 〇〇Breakfast with sunny-side up and sausage.

 

〇〇ブレックファストを目玉焼きとソーセージでお願いします。

 

アメリカでは目玉焼きはわりとしっかり焼かれてる場合が多いです。

 

半熟やそれ以上に柔らかいものが好みの場合、Turn over と言う調理の仕方をしてもらうといいと思います。

 

Turn over ⇨ 目玉焼きをひっくり返す焼き方。

 

半熟が良ければ ⇨ Over medium.   さらに柔らかいのは ⇨ Over easy.

 

しっかり焼いてもらう場合 ⇨ Over hard.

 

 Turn over(ターン・オーバー)を頼む場合、Turn(ターン)は省略されます。

 

 

 

          f:id:jctaro:20200113161531j:plain



 

 最後のまとめ

 

アメリカでは皆さん卵にわりとこだわがあります。

 

上記以外にもゆで卵 ⇨ Hard boiled egg(固茹で)Soft boiled egg(半熟)。

 

Poached egg ⇨ ポーチド・エッグ

 

Omelette ⇨ オムレツ

 

などにも対応してくれるカフェがほとんどです。

 

アメリカでは高級なレストランでもカジュアルな接客なので、カフェだとよりいっそうフレンドリーな接客になります。

 

これは従業員とお客さんが対等と言う考え方の元に成り立っています。

 

そしてほとんどの会話は省略されます。

 

短く、単刀直入、わかりやすくが英語の流儀です。

 

日本語に慣れているとなんだかつっけんどんに感じたりしますが、決してそんなことはないので、返事も短く、わかりやすくで問題ないです。

 

カジュアルな接客ゆえに、「ありがとうございました」的なことはほぼ言われません。

 

英語になれると文化の違いも色々わかって楽しいと思います。

 

今回はこれくらいにしておきます。

 

お会計に関してはこちらの記事を参考にしてください。

 

www.jc701boulevard.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

おわり。