JC's Blog

料理、英会話、子育て、生き方などを気ままに...             

英語初心者がカタカナ発音でもネイティヴの人に伝わりやすくするコツ。

       

  

こんにちは、日本生まれ&日本育ちのハーフでバイリンガルのJ.C.です。

 

私が感じた、こうしたら日本人の英会話はもっと上達するというお話をさせていただきたいと思います。

 

まず、日本語と英語は全く違う言葉だということを認識してください。

 

車の右側通行と左側通行ほど違います。

 

数ある違いの中から今回はテンポ、リズム、ノリがまったく違うということを説明させていただきたいと思います。

 

それが理解できると驚くほどカタカナ発音の英語もネイティブに伝わるようになりますよ。

 

活字で説明できない部分を動画で話しているので、こちらの動画をご覧になるとわかりやすいです。

 


カタカナ発音を英語っぽいノリに変えるためにはズレが大事。

 

 

テンポが同じではない

 

動画を見ていただけたらわかりやすかったと思いますが、日本語は同じテンポの言葉なんですね。

 

俳句の五・七・五や、三三七拍子のように、同じテンポ、リズムを想像してもらえれば、日本語のイメージがわきやすいと思います。

 

日本語と英語は演歌とロックほど違うわけです。

 

 

発音よりノリが大事

 

過去の動画や記事でも何度か説明させていただいてますが、どんなに努力してもネイティブのような発音にはなりません。

 

ここはキッパリ諦めてください!笑

 

発音よりノリが大事なので、どうやったら英語っぽく聞こえるか?

 

そこに重点を置いて英語を勉強していきましょう。

 

動画でも説明していますが、ナ・リ・タではなくナリータと発音する練習をしてみてください。

 

英語は同じテンポではなく必ず音が伸びるところがあるんです。

 

日本語のように「ツ・ツ・ツ」というテンポではなく、「ツ・ツー・ツ」なんです。

 

これが理解できて、意識できるようになると俄然カタカナ発音でも外国人に英語が伝わるようになります。

 

 

無駄な練習はしない

 

時間はとても貴重なので無駄な勉強をしないように、効率よく、実際に外国人に伝わる英語を学んでください。

 

何度も言いますがネイティブ レベルの発音になるのはほぼ不可能なので、そこに時間を費するのはやめましょう。

 

動画で理由をお話させていただきましたが、英語に限らず、どの言葉も、その国で生まれない限り、ネイティブ・スピカーにはなれません。

 

日本語と同じように話せるようにはならないので、もっと肩の力を抜いて、実際に外国の人たちと会話を楽しめるような練習をしましょう。

 

会話ができるようになるととても楽しいので、発音を気にしたり、文法を気にしないで、どんどんカタカナ発音で英会話を楽しんでください。

 

動画をまだ見ていない人は10分かからないで見られるので是非ご覧になってみてください。

 

その方がはるかに私が伝えたいことがわかると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

それではまた、See you soon.

 

 

                                  f:id:jctaro:20200623171318j:plain