JC's Blog

料理・子育て・英語・お役立ち情報

自分に自信をつけるための簡単なティップスを教えます。

       

 

 

   こんにちは、J.C.です。

 

         f:id:jctaro:20190830210534j:plain

 

 世の中に自信満々の人ってどれくらいいるんだろ?

あなたから見たら自信満々の人って誰ですか? 

 

芸能人やスポーツ選手ってみんな自信満々ですよね...

 

僕がパッと浮かぶのは「矢沢永吉」「アーノルド・シュワルツェネッガー」

「ホリエモン」「キアヌ・リーブス」。

 

 

 何をどうしたら自分に自信がつくのか?

  

     f:id:jctaro:20190830213622j:plain

 

自分に質問してみてください

 

「何が手に入れば自信がつく?」  正直に答えてみて......

 どんな答えが出ました?

 

『学歴』 『お金』 『美人な彼女』 『イケメンの彼氏』 『体力』...

 

 

あなたが答えたその答えが「答え」です。

それがすべて...

 

その答えを全力で手に入れればいいだけのこと。

 

 

僕が自信を手に入れるためにしたこと

 

 筋肉と武道。

    

         f:id:jctaro:20190830215506p:plain                           f:id:jctaro:20190830215550j:plain

 

 

マッチョになって格闘技や武道でもやれば自信満々になるだろうと思った。

まずは筋肉をつけて、それから少林寺拳法を習いました。

 

見事に自信満々になった。実に単純なことです。

 

 

 やりたくない理由ばかり...

 

答えがわかってもほとんどの人が行動しない。

 

       f:id:jctaro:20190830220901p:plain

 

 

かったるい、忙しい、めんどください、疲れる、むり、etc.

理由はいくらでも探せる...

 

どんな「答え」だったとしても、それを達成するには、大なり小なり、必ず努力は必要になる。

 

そういうことの先にしか「自信」ってものは存在しない。

 

人から見たらどんなにアホみたいな答えでも、自分がそれで自信がつくと思うなら、それにむかって全力で努力をすればいいだけ。

 

実に簡単で単純な話だ。言いわけや文句はいいから、やればいいだけ。

 

 

 

  人間はよくばりだから

 

 

 

           f:id:jctaro:20190830222207j:plain

 

 

筋肉をつけて武道を習い、思った通り自信のついた僕は、しばらくすると今度は頭が良ければもっと自信がつくはずだと思いはじめた。

 

単純✖︎アホ✖︎行動力=僕。でもさすがにオックスフォードに行こうとは思わなかった。(笑)

 

何をしたかと言うと、本を読みました。とにかく本を読んだ。ひたすら本を読んだ。

 

ジャンルは決めずに、小説、物理学、経済、宗教、How to 書、etc.

 

一年くらい経つと頭がよくなったような気がして自信がついた。

 

本当に頭が良くなったかどうかは重要ではないです。

 

頭がよくなりたいと思ってしたその努力(行動)が大事なわけです。

 

 

 

 

しばらくするとまた何かが欲しくなる...

 

 

人間はその繰り返し...   死ぬまで繰り返し。

そしてこれを繰り返してる人、継続してる人が自信満々と呼ばれる。

 

 

どうしても無理なこともありますよね、今の医学や化学では。

 

ハゲちゃった頭がフサフサになれば自信がつく。最近ぼくもかなり薄くなってきたので切実にわかるけど、毛はい薬ってのはまだないから無理ですね。(泣)

 

 

       f:id:jctaro:20190830224938p:plain

 

 

 

他にも無理なことはまだたくさんあるから、そういう場合は他のことで自信をつけてくださいね。👍

 

今回はこれぐらいにしておきます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おわり。