JC's Blog

似非外国人の雑記ブログ              

ホテルのチェックアウトを英語でするときの流れ。【英語初心者用】

          

 

 

こんにちは、J.C.です。

 

今回はアメリカ旅行のときのホテルでのチェックアウトの仕方を解説いたします。

 

アメリカでの接客はとてもカジュアルでフレンドリーなので、チェックアウトもあっという間に簡単に終わります。

 

それでは順を追ってお話していきます。

 

 

 

 

チェックインに関してはこちらを参考にしてください。

 

www.jc701boulevard.com

 

 

 

 

          f:id:jctaro:20200112163714j:plain

 

 

最初に言うこと

 

まず Front desk(フロント) へ行ったら Check out, please と言ってください。

 

What's your room number? 何号室ですか?と聞かれます。

 

単純に部屋番号を英語で答えてください。番号だけで大丈夫です ⇨ 〇〇

 

そうするとだいたい How was everything for you guys? と聞かれます。

 

総合的にホテルはどうでしたか?と言うニュアンスです。

 

問題なければ Very good とか It was great と答えてください。

 

 

 

 

           f:id:jctaro:20200112164009j:plain

 

 

追加料金について

 

もし何か追加の料金のかかることをした場合、Looks like the only extra charges on here were 〇〇 と説明されます。

 

Extra charge ⇨ 追加料金

 

そして支払いのこと ⇨ Is it okay to put on the credit card? と聞かれます。

 

チェックインしたときに出したクレジットカードでのお支払いでよろしいですか?と聞かれます。

 

Yes, that sounds good とか That's fine と答えてください。

 

Receipt(レシート)をどうするか聞かれます。

 

Do you want it e-mailed to you or printed out?  Eメールで送りますか?それともプリントアウトしてお渡しいたしますか?

 

Eメールが良ければ E-mail is fine.  プリントアウトして欲しいときは I want it printed out. と伝えてください。

 

これでチェックアウトは完了です。

 

Alright perfect. Have a good day, guys. これでオーケー、良い日をなどと言われます。

 

Thanks, you too. などと返してホテルを出ます。

 

アメリカでは日本のように、ありがとうございました、又のお越しをお待ちしております的なことは言われません。

 

お客さんも従業員も対等だと言う考えの国だからです。

 

 

 

 

          f:id:jctaro:20200112164204j:plain

 

 

最後のまとめ

 

まず一番気をつけてもらいたいことは、聞きとれないことがあったら必ず聞き返してください。

 

あやふやにしないで、聞きとれなかったタイミングで必ず聞き返してください。

 

聞きかしかたは What did you say?Come again? で大丈夫です。

 

もしくは Sorry? でも大丈夫ですが、Sorry?⤴️と言葉尻をあげてください。

 

日本で教わるような、I beg a pardon. とか Excuse me. はほぼ使いません。

 

追加料金に間違いはないかを確認するのも大事なことです。

 

レシートはEメールへ送るのか、プリントアウトするのかもきちんと伝えてください。

 

カジュアルでフレンドリーな接客。お客さんと従業員が対等と言う感覚に慣れていないと違和感を感じることが多いと思います。

 

レストランへ行こうが、洋服屋さんへ行こうが、接客はすべてこう言う感じです。

 

超高級なお店でもほぼこう言う接客が基本です。

 

慣れてくるととても表現がダイレクトだし、意思疎通がしやすいので、日本での長くてまわりくどい言い方に今度は違和感を感じるようになるから不思議です。

 

今回はこれくらいにしておきます。

 

チェックアウト自体があっという間に終わるので、記事もあっという間です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おわり。